Everydayウォーキング

ウォーキングは体にいい
必要なもの
ウォーキングと健康
血液をサラサラに
歩いてみよう

血液をサラサラに

生活が不規則になったり、食事が偏っていると血液がドロドロになってしまうことはよく知られています。血液がドロドロになると血管が汚れてしまいますので、身体に新鮮な酸素を運びづらくなり、体調に異変が出てきたりします。この血液がドロドロになっている状態をウォーキングで改善してしまいましょう。

きれいな血液に

自分の血液がドロドロなのかサラサラなのか、見てみたいと思いませんか?テレビなどで血液の流れ方を見たことのある人もいるでしょう。血液をサラサラにするには、玉ねぎがいいとか納豆がいいとか、熊笹エキスがいいとか様々なことが言われていますが、何も使うことなく、ウォーキングで血液をサラサラにすることが出来ます。

ドロドロの血液って?

爽やかなイメージ

血液がドロドロだと健康だとは言えません。本来血液はサラサラとしていて血行をよくし、身体の隅々に新鮮な酸素と栄養を運ぶ役割をしています。 不摂生な生活をしていると、本来サラサラであるべき血液が、ドロドロになってしまいます。これは、血液の中に必要のない脂肪や糖分がたまってしまい、血液が汚れることによってスムーズに血管の中を流れることが出来なくなってしまうのです。 ドロドロになってしまった血液は、本来の血液の働きを発揮できないために、老化を早めてしまいますし、肌にもよくありませんので美容上の問題も出てくるでしょう。 この血液ドロドロ状態を、有酸素運動でもあるウォーキングをすることで、血液をサラサラにすることが出来るのです。

ウォーキングで血液をサラサラに

ウォーキングがどうして血液をサラサラにしてくれる効果があるのでしょうか。

・血液の循環を筋肉の収縮によって、血管内を流れるときに生じる抵抗を下げてサポートしてくれる。
・エネルギーの代謝が体を動かすことによって促進され、必要のない血液中の脂肪や糖分を排出しやすくしてくれる。
・血液の量が、運動によって動脈や毛細血管が太くなって増加する。
・運動によって動脈や毛細血管が太くなって、血液の量が増加する。身体の隅々に新鮮な血液が行渡るようになり、血管にも弾力や柔軟性が蘇り、動脈硬化などを防ぐことが出来る。

あなたの血液はどう?

血液がサラサラなのかドロドロしているのか、自分では自覚しにくいものです。生活習慣の中から、自分の血液がどんな状態なのか、ある程度推察できますので、今一度、自分の生活習慣や気になる症状を見つめなおしてみてください。

血液を汚す生活習慣

・毎日お酒を欠かさず飲み、肝臓を休めることがない。
・1日10本以上タバコを吸う。 ・野菜はほとんど食べない。
・肉や揚げ物を好んで食べる。 ・甘いものに目がない。
・外食やファーストフードが多い。 ・運動不足。

血液がドロドロになると出る症状

・肌がくすんで荒れている。 ・疲れが溜まり休んでも中々取れない。
・しょっちゅう頭痛に悩まされている。 ・イライラして怒りっぽくなる。
・肩がこる。 ・髪の毛が傷んでパサパサしている。
・何かに集中できない。 ・冷え性がある。

いいことづくめのウォーキング

散歩をする女性

身体に酸素を行渡らせる血液をきれいにしてくれる効果があるウォーキング。有酸素運動出もありますので、身体にいい効果が数多くあることがお分かりになったと思います。 特別な道具も必要なく、自分のペースで行えますので、無理なく続けることができるのではないでしょうか。 少しずつでいいので、毎日コツコツ続けて行くことが大切です。毎日のちょっとした習慣が、身体の健康を作ってくれるのです。

ウォーキングは体にいいのカテゴリーへ
必要なもののカテゴリーへ
ウォーキングと健康のカテゴリーへ
歩いてみようのカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 Everyday ウォーキング All Rights Reserved.