Everydayウォーキング

ウォーキングは体にいい
必要なもの
ウォーキングと健康
足のケア
歩いてみよう

足のケア

ウォーキングが身体にいいからと言って、足も健康でなければ歩くことはできません。ですから足のケアはしっかりとしておきましょう。快適にウォーキングをするためにも、とても大切なことです。

マメ

ウォーキングを始めたばかりの頃は、靴擦れやマメなどのトラブルを起こしやすい時期ともいえます。できてしまうと思うようにウォーキングが出来なくなりますし、症状が悪化してしまうとウォーキングどころではありません。予防と早めに治すことが大切です。

マメの予防

運動靴

マメを防ぐには、足に合った靴を履くことです。合わない靴を履いていると足と靴がすれますので、マメができてしまいます。靴を履く時には必ず靴下を着用します。木綿の靴下は靴擦れを起こしやすいのでお勧めできません。 休憩をするときには足の状態を確認しましょう。赤くなっていたり、皮膚がチクチクする場合はマメの前兆になります。バンソウコウなどを貼っておきましょう。また、蒸らさないことも大切ですので、休憩時には靴を脱いで足を乾かすようにしましょう。

マメのケア

足のマッサージ

気をつけていてもマメができてしまうことはあります。できれば皮膚科を受診できればいいのですが、時間がなくて行けない人もいるでしょう。気になるからといって、いじってばかりいると益々悪化してしまいますのでやめましょう。 自分でマメをつぶす場合、針を火であぶって熱消毒し、更に、脱脂綿などに消毒液をつけたものでよく吹いておきます。 マメの部分を消毒し、針で皮膚の表面に数ヶ所穴をあけます。絶対に皮は剥がさないでください。穴をあけた部分からリンパ液が出てきますので、十分に脱脂綿で吸い取ります。 リンパ液を出し切ったら皮を剥がさないようにマメを消毒し、バンソウコウなどで保護しておきましょう。常に消毒を心がけ、マメが自然に剥がれるまで待ちます。

足がつったら

ウォーキング中、足がつってしまうこともあるでしょう。あの痛みは我慢できませんね。『こむらがえり』と呼ばれるものですが、処置をちゃんとしなければ、繰り返し襲ってきます。

こむらがえりの原因

筋肉が痛みを伴って痙攣することをこむらがえりと言いますが、原因は、長時間の運動で筋肉疲労が起きていたり、体力の低下、いきなり運動を始める、脱水状態、カルシウムやマグネシウムなどの栄養素の不足などがあります。

処置の仕方

ストレッチをする女性

ウォーキング中に足がつってしまったら、通行の邪魔にならない場所に座り、足を投げ出します。足の親指を持って手前に引き、アキレス腱を伸ばします。一緒にウォーキングしている人がいれば、足の裏を押してもらいましょう。 症状が治まったら、足首を回転させたりふくらはぎをマッサージし、血行を浴します。できれば蒸しタオルなどで暖めるのがいいのですが、ウォーキング中であればちょっと無理ですね。 こむらがえりを防ぐためには、十分にストレッチをして筋肉を温めてからウォーキングを行いましょう。

足底筋膜炎

歩いていると、足の裏に痛みを感じることがありますが、足底筋膜という土踏まずを維持する場所に炎症が起こっているかもしれません。土踏まずに繰り返し負荷がかかるとなってしまいますので、靴が合わない、歩き方が悪い、歩きすぎなどが原因になります。 かかとが痛くなったり、足の裏に痛みが起きます。しばらく歩くことを休むと痛みは改善しますが、ひどい場合には手術が必要になりますので注意が必要です。

予防

足底筋膜炎を予防するには、ウォーキング前の十分なストレッチが大切です。もちろん日頃からマッサージするように気をつけていれば問題ありません。 足の裏全体やふくらはぎを揉み解すようにマッサージします。ウォーキング前だけではなく、入浴時や入浴後でも効果があります。足の裏の刺激は健康にも効果がありますので、ウォーキングと共に習慣づけるようにしてみましょう。

ウォーキングは体にいいのカテゴリーへ
必要なもののカテゴリーへ
ウォーキングと健康のカテゴリーへ
歩いてみようのカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 Everyday ウォーキング All Rights Reserved.