Everydayウォーキング

ウォーキングは体にいい
ウォーキングの効果
必要なもの
ウォーキングと健康
歩いてみよう

ウォーキングの効果

ウォーキングが体に良いということは、もはや常識になっています。ジョギングと違い、誰でも気軽に始められることがその魅力の1つでしょう。 ただ歩くだけでは飽きてしまいますので、音楽などを聴きながら歩くのがお勧めです。

心臓を丈夫にする

ウォーキングは有酸素運動ですので、心臓や肺を効果的に働かせることができます。運動としては比較的軽い方ですので、心臓や肺にかかる負担が少なく、尚且つその働きを高めてくれる効果があります。 心臓や肺の働きが良くなるということは、全身に新鮮な血液を廻らせることが出来るということになるのです。

どうして心臓が丈夫に?

ジョギングを楽しむ男性

どうしてウォーキングをすると心臓が丈夫になるのでしょうか。 心臓は体に血液を循環させるためのポンプの役割を持っています。足の血液を重力に逆らって心臓まで引き上げる働きもしなければいけません。 ウォーキングをすると足の筋肉が鍛えられます。それによってポンプ機能が向上し、心臓への負担も軽くなるというわけです。

ストレス発散にも!

原因はどうであれ、多かれ少なかれストレスを抱えていない人などいませんね。ストレスの原因を取り除くのが一番ですが、中々うまくいかないものです。ストレスをなくすことができないのであれば、早めにたまったストレスを発散させてしまえばいいのです。 実は、ウォーキングにはストレス発散の効果があります。ストレスに対するウォーキングの効果は、以下の3つが挙げられます。

血行促進

血行が悪くなると体調も悪くなり、体調不良からくるストレスなどがあります。ウォーキングによって血液の循環が向上して血行がよくなると、体の調子も良くなります。こういったことから、ストレスの発散に役立つということです。

自律神経

歩くことにより、自律神経に良い影響があるということが分かっています。ウォーキング中に、気分が楽に感じられるホルモンが分泌されるからです。

気分転換

林道を二人で歩く

ウォーキングは有酸素運動ですので、酸素が脳の隅々まで行渡り、心地よい疲労感と共に、気分が爽快になります。外気に触れて軽い運動をするということは、気分を切り替えるためにはとても良いのです。


女性にはもってこい!

男女を問わず人気のあるウォーキングですが、特に美容に関心のある女性にはとても効果のあるものと言えます。 軽い運動とは言え、ウォーキングをすると代謝が上がって汗をかきます。新陳代謝が活発になるということです。新陳代謝が活発になり、血行もよくなりますので、肌が潤い、水水しい肌になることができます。 この美肌効果を実感するには、ウォーキングをした日としなかった日の肌を比べてみるとよく分かります。

きれいな脚に

ストレッチをする女性

ウォーキングを長期間行っていると、足の筋肉によるポンプ機能がアップし、どんどん足が引き締まっていきます。運動すると脚に筋肉がついて太くなるというのは間違いです。マラソンランナーに足が太い人がいないのが良い例です。ウォーキングをすることによって、美脚を手に入れることができるのです。

高齢者にもお勧め!

ウォーキングは生活習慣病予防にも、もってこいの運動です。 高齢者の寝たきりになる原因の脳卒中や骨折ですが、ウォーキングをすることで骨が強くなり、骨折しにくくなりますし、脳卒中の原因でもある糖尿病や高血圧を改善してくれる効果もあります。 高齢になると激しい運動が出来なくなりますが、歩くことならできますよね。将来寝たきりにならないために、そして今現在の健康のためにも、高齢者こそ、ウォーキングをするべきなのではないでしょうか。

ウォーキングは体にいいのカテゴリーへ
必要なもののカテゴリーへ
ウォーキングと健康のカテゴリーへ
歩いてみようのカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 Everyday ウォーキング All Rights Reserved.