Everydayウォーキング

ウォーキングは体にいい
必要なもの
ウォーキングシューズ
ウォーキングと健康
歩いてみよう

ウォーキングシューズ

ウォーキングを始めるのに、手持ちのスニーカーを履いて歩くのもいいですが、サイズがちゃんと合っていて、重さも適度なものでなければ膝などを痛めてしまうことになります。できればウォーキングシューズを用意して歩くことをお勧めします。

靴の選び方

ウォーキングシューズに限らず、靴を選ぶときのポイントは、自分の足に合った靴を履くということです。いくつか選ぶときのポイントがありますので、参考にしてみてください。

足のサイズを測る

意外と足のサイズをきちんと測ったことのある人というのは少ないものです。シューズフィッターのいる店や、計測できる販売店で測ってもらうのが一番いいのですが、1人ではちょっと無理なので、家族に頼んで測ってもらうのもいいでしょう。足の長さと足の周りを測定します。

測り方

足のサイズを正確に測定するには、立ち方に注意します。肩幅の広さに両足を開き、均等に体重がかかるようにして、目線を真っ直ぐ前に向けて背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。 足の長さは足人差し指の中心からかかとまでの長さを測ります。足の周りや、足指の付け根の骨を基準にして周囲を測定します。両方の足の大きさが違う場合は、大きい方に合わせます。むくみやすい夕方に測定するのがいいでしょう。靴下は脱いで測ります。

足の測り方

足の形は?

足の形は皆同じではありません。それぞれ形が違います。甲の高さや土踏まずのくぼみ具合、外反母趾があるかないかなど、自分の足の形をきちんと把握しておきましょう。

オブリークタイプ オブリークタイプ 足親指が一番長いタイプ
ラウンドタイプ ラウンドタイプ 足人差し指が一番長いタイプ
スクエアタイプ スクエアタイプ 足指の長さにあまり差がないタイプ

靴選び

運動靴

いよいよ選びです。デザイン重視にせず、機能性に着目して選ばなければいけません。 履いているうちに、底の部分がはがれてしまい、俗に言う『ワニ状態』になってしまう靴があります。靴を選ぶときは、この部分がしっかりと合っているかどうか、接着がしっかりとされているかどうかをチェックします。 厚さも重要で、靴のつま先部分を指で押してみてへこまないくらい硬いものや、反対に薄すぎるものもよくありません。

1. かかとが斜めにカットされている靴を選びます。安全性が高い靴といえます。
2. 土踏まずがあたる部分がしっかりしている靴を選びます。ねじれやすいものは足が疲れやすくなります。
3. 足の指が曲がる部分がしっかりと曲がる靴を選びましょう。しっかりと歩幅をとることができます。
4. つま先がそりあがっている靴を選びます。そりあがっていることで足の裏の動きが妨げられず、つまずきにくくなります。

歩いてみよう

購入する前に、実際に靴を履いて歩いてみましょう。 チェックすることは、歩いてみて足指やつま先に圧迫感がないこと、指先にゆとりがあること、甲が窮屈ではないこと、土踏まずが靴底にフィットしていること、靴下の厚みと合っているかどうかなどをチェックします。

これらを総合してチェックすると、自分の足に合った靴を選ぶことができるでしょう。これでウォーキングも快適にできることと思います。

ウォーキングは体にいいのカテゴリーへ
必要なもののカテゴリーへ
ウォーキングと健康のカテゴリーへ
歩いてみようのカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 Everyday ウォーキング All Rights Reserved.